back

2004/4/4 どきゅめんと渋谷公会堂 - 極寒 -




さて、今日もドキュメントを書こう! と思ったら、デジカメのスマートメディアが壊れていて写真データがありません。しゅん。


幸いにも今日は二つデジカメを持っていったので、もう一つの方で撮ったのがほんの少し残ってました。




午後2時半頃、渋谷公会堂に到着しました。


人、人、人の山です。1000人はいるでしょう。9割9部9厘は女性です。


「入場券を持っていない人は入れません。帰ってください。」という係の人のアナウンスが鳴り響きます。


それでも誰も動こうとはしません。何かが起こることを期待して待っています。


招待状を持った人が続々と入り口から入っていきます。


テレビカメラが取材をしています。


時折巻き起こる歓声、どよめく観衆、携帯やデジカメを向ける人達。


それにしても寒い。2月上旬の天候とはこのことか。久しぶりのミニョン巻きです。


小雨が降ってきました。傘を差しつつも居残る人々。


屋根のある入り口付近に移動します。公会堂内がガラス越しに見えます。LG電子ジャパンのテレビがヨン様の他のドラマを流しています。


ヤンキー風の若者(男)が何人も公会堂内に入っていきます。周りのファンの方から不審の声が聞かれます。


近くのファンの方が楽屋入り口でヨン様の入りを見れたそうです。ヨン様はゆっくりと歩いてくれて写真もとれたそうです。


3時を過ぎました。このまま何も起こらないのだろうか。それにしても寒いよー。風も吹いてきて、尋常な寒さではありません。


係の責任者らしき人が、「ここにいても絶対にヨン様は出てきません」みたいな最後通告を行うと、ファンの方々も少しずつ会場を去っていきました。


ということで、3時半に会場を後にしました。


会場のすぐ近くの路上でグッズ販売をしており、人だかりがありました。シール8枚千円、タペストリー(布?)千円でした。




ぼけてて申し訳ないです。これしかないんです。



















以上で報告を終わります。