前へ | メニュー | 次へ


チャングムテーマパークの旅

2005年12月3日 第1日

チャングムテーマパーク

テーマパーク内はパンフレットの順路に従って回ります。各所にドラマのビデオやNG集が流れており、音楽も雰囲気を盛り上げます。ドラマの撮影シーンを説明した看板が各所にあります。

観光客は団体が多く、日本人、中国人、韓国人のグループが少々。全体としては時間帯が午後遅いということもあってか、すいていました。

ポイントは、チビチャングムとクミョンが松の実を刺した小屋、水刺間、牢屋、着せ替えコーナー、金鶏小屋、マッコリ試飲、てな所でしょうか。

ドラマのファンにはたまらない場所でした。商売っ気がないとは聞いていましたがお土産屋すらありません。というかありましたが営業していませんでした。

全体で1時間もあれば十分という気がします。私的には大満足でした。帰りはタクシーを入り口の小屋で呼んでもらいました。10000ウォンでした。地下鉄で市庁に着いたのは18時頃でした。


テーマパークの入り口付近には出演者の手形が掲げられています。これがイヨンエかな?
チョン最高尚宮さまがお出迎え。
チャングムもお出迎え。
最初の建物。後はパンフレットの順路に従ってテーマパークを回ります。
こんな感じで料理が並んでいます。
テーマパークのいたるところでドラマの映像が流されています。テーマ音楽もあちこちで鳴り響き、雰囲気を盛り上げています。
料理の数々
順路のいたるところに、このような立て看板があり、ドラマで撮影したシーンの説明書きがあります。
チャングムがたびたび閉じ込められた牢屋
拷問椅子
チャングムが松の実をさした小屋
ちゃんと松の枝のようなものが置いてありました。
松の実の小屋のそばに秘伝のお酢を入れていた壷らしきものがありました。
司餐院(サオンウォン)にやってきました。ここは宮中で使用する食材などを管理する役所です。
こんな感じで荷物が置かれています。
司餐院(サオンウォン)の横に着せ替えサービス(5000ウォン)があります。
パーク内風景
パーク内風景
水刺間(スラッカン)にやってきました。
これも水刺間かな。
ここはチビチャングムが最初に閉じ込められた倉庫、だったかな?
水刺間あるいは退膳間(テソンカン)
水刺間
これも水刺間
チャングムとクミョンが金鶏を探しに宮殿から抜け出た門
金鶏小屋。THE感激。
トックおじさんの家でマッコリ(どぶろくのようなもの)を試飲しました。
マッコリは少し黒ずんでいました。
宮殿の外の民家の町並みもあります。
ここは最終話あたりでミンジョンホが膝まづいて王命を受けた所。
民家1
民家2
さようならMBCスタジオ。全体では1時間ほどで回れます。

前へ | メニュー | 次へ


Copyright©2005 fuyunosonata superlist All Rights Reserved.